梅雨でも崩れない!メイクを長持ちさせる7つの心掛け

梅雨でも崩れない!メイクを長持ちさせる7つの心掛け・その1

こんにちは、ノンセクトです^^

毎年6月から7月に掛けて、
本格化するのが梅雨ですよね。

梅雨の時期に入っていくと、
なぜメイクがよれるのか
ご存じでしょうか?

実はですね・・・

「梅雨の時期は
気温と湿度の上昇で
汗や皮脂の分泌が増える」

これが梅雨の時期に、
知らず知らずのうちに、
「メイクがよれてしまう」
主な原因になります。

その一方で、
皮脂はベタベタなのに、
お肌の内側がカラカラに乾く、
インナードライ肌になりがちです。

梅雨時は湿気が強いですからね;

エアコンの除湿などを使う、
機会も多いですので。

除湿によって肌が乾燥すると、
メイクのノリも悪くなりますので、
メイクが崩れてしまいがちですよね;

では梅雨の時期には、
どのように心掛ければいいのか。

幾つかコツがありますので、
ご参考までにポイントに絞って、
簡潔にご案内させていただきます。

梅雨でも崩れない!
メイクを長持ちさせる7つの心掛け

梅雨でも崩れない!メイクを長持ちさせる7つの心掛け・その2

▼1.スキンケアの徹底

・保湿効果の高い化粧水や乳液を使用し、インナードライを防ぐ。
・日中も軽い保湿ミストを使って乾燥対策を行う。

▼2.化粧下地の選び方

・日中も軽い保湿ミストを使って乾燥対策を行う。
・日焼け止め効果のある下地を選ぶことで、紫外線対策も同時に行う。

▼3.メイクのテクニック

・パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションを使用し、肌になじませる。
・メイクの仕上げに透明なフィニッシングパウダーを軽くのせて、メイクを固定する。

▼4.朝の洗顔の見直し

・夜のスキンケアの余分な油分や汗をしっかり落とすために、朝の洗顔をしっかり行いましょう。
・優しい洗顔料を使い、肌を傷めないように注意しましょう。

▼5.こまめなメイク直し

・メイクがよれやすい部分(Tゾーンや鼻周りなど)は、こまめに直すようにしましょう。
・ティッシュや油取り紙で皮脂を抑えてから、軽くパウダーをのせると効果的です。

▼6.メイクの直し方

・余分な皮脂や汗をティッシュやあぶら取り紙で軽く押さえた後、パウダーでお直しする。
・ミストタイプの化粧水を使って、崩れた部分を整える。

▼7.日常生活の工夫

・エアコンの使用を控えめにし、室内の湿度を適度に保つ。
・外出時には、油取り紙やフェイスパウダーを持ち歩き、こまめにメイク直しをする。

さいごに

梅雨でも崩れない!メイクを長持ちさせる7つの心掛け・その3

いかがでしょうか。

これらのポイントを押さえれば、
梅雨の時期でも崩れにくい美しい、
メイクをキープしやすくなります。

もちろんですが、これらのすべてを、
完璧に押さえる必要などございませんが、

「幾つかこれは試せそうだな・・・」

という内容を取り入れられるだけでも、
肌の状態の改善はしやすくなるはずです。

お客様にとって、
これらの話が何か少しでも、
お役に立てれば心より幸いです。

忙しくても綺麗でいられますように^^

NonSect(ノンセクト)

error: